本文へスキップ

どこに入居するか老人ホームも選べる時代になりました。

有料の民間老人ホーム

健康型有料老人ホーム

有料の民間老人ホーム 写真

健康型有料老人ホームは健康な老人だけを集めている施設で、健康であることが 入居の条件となっているごく普通の老人ホームです。 人の手を借りずに自立して生活可能なお年寄りが対象となっており、要介護の方は この施設のお世話になることはできません。 老人が大勢集まってキャッキャ騒ぐ、そんなことができるのがこのタイプの特徴で、 介護を必要とする方は1人もいないのでわりと自由にのびのびと集団生活を送る ことができる、昔からあるタイプでしょう。 入居時に要介護だとお断りされてしまいますが、ではもしも健康型有料老人ホーム で生活をしている間に要介護となってしまったらどうするのでしょうか。 残念ならがここには住めなくなるので、別の老人ホームに引っ越すことになります。 健康型有料老人ホームを退去して介護サービス付きの老人ホームを探し、そちらで 第二の人生を歩むことになります。 介護の必要ありと認められたら即刻退去ということはなく、次の受け入れ先を 見つけるまでしばらくは滞在させてもらえるでしょうが、健康型有料老人ホーム には介護を行えるプロはほとんどいませんので、あまり長く居座るわけにはいかず 真面目に介護付きの老人ホームを探さねばなりません。 これは施設側の負担が大きくなるだけでなく、本人にとっても居心地の悪い思い をさせないための配慮といえるでしょう。 ここはそこそこ健康な老人の居場所なのです。



住宅型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームに住めるほどではないけどそれなりに健康だ、介護付きの 老人ホームじゃなくても生活はできる、そんな方には住宅型有料老人ホームです。 ここは施設の人間が介護を行うことはしませんが、もしも必要となったら外部の 介護事業者を通してそのサービスを受けることになります。 住宅型の老人ホームであり、特定施設入居者生活介護ではありません。 なので入居者が介護を求めるのなら訪問介護・通所介護といった形になり、施設は 直接介護に関わることはないと考えておきましょう。 ただ入居者が介護事業者を探す場合に相談に乗ってくれるでしょうし、お手頃な サービスを紹介してくれることくらいは期待してもよさそうです。 施設のスタッフならお付き合いのある介護事業者がいくつかあるでしょうし、 同じような業種なのでひょっとしたら個人的な知り合いがいてもおかしくはなく、 質の高くて安心できる訪問介護の業者を紹介してもらえるかもしれません。 それに施設側の紹介ならなんか不都合があった時にも相談しやすいですし、後々の ことを考えてもこのルートで契約をすることはお勧めかもしれません。 施設の人間は直接介護には携わらない、でも外部からの介護サービスを受け入れる 体制は整っている、それが住宅型有料老人ホームなので、一日中誰かに看てもらう 必要はないけれどたまには介護して欲しいな、そんな方向けの老人ホームと認識 してもらえればいいのではないでしょうか。


介護付有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム・住宅型有料老人ホームでは施設のスタッフが介護を担当 することはありませんが、介護付有料老人ホームはそうではありません。 健康そのもののお年寄りがここに入居するのは贅沢で、なにかしら介護をしてもらう 必要のある方が介護付有料老人ホームの対象人物になります。 この施設で生活すればお食事やおトイレ、入浴も不自由なく楽しめるでしょう。 自分の力では難しい、そんな人はスタッフが24時間いつでもお手伝いしてくれます から、住宅型有料老人ホームとは違い介護してくれる人が派遣されるのを待つこと もなく、いつでも救いの手を差し伸べてもらえます。 特定施設入居者生活介護に各都道府県から指定されている施設なので、このタイプ の老人ホームをお探しならそれをキーワードにすると見つけやすいかもしれません。 ただの老人ならすぐにここの入居を計画することはありませんが、現在は健康型 有料老人ホームで暮らしているけどそろそろ介護のお世話になりそうだ、という 段階に差し掛かったらこちらに移動することを考えなければならず、多くのご老人 にとって無縁ではない施設となっています。 ただ介護をしてもらいながら生活するだけではなく、健康や恋の相談に乗って もらったりリハビリのお手伝いもしてくれますから、介護人が派遣されるタイプ よりもスタッフとの仲も親密となるでしょう。 レクリエーションで親睦を深めつつ健康維持をしてくれるなどの企画もあり、 あまり退屈せずにすみそうな施設です。



バナースペース